自動車は使用していなくても税がかかりま

廃車手続きに必要な委任状とは

廃車手続きに必要な委任状とは 車は毎年税金がかかるものですから、もし乗らない車があったら廃車手続きをしたほうが良いでしょう。
廃車には三つのパターンがあって、それによって申請書類も変わります。
これに加えて車の名義人以外の方が廃車の手続きをする場合、委任状が必要です。
これがないと他人はもちろん家族であっても手続きに応じてもらえません。
委任状は国土交通省のホームページからダウンロードできます。
軽自動車と軽二輪車の場合は申請依頼書という書類を使用します。
記入内容はそれほど難しいものではありませんが、普段あまり目にしないものですから迷ってしまう方も多いです。
書き間違えた場合、修正液の使用は認められません。
まず委任者の住所、氏名と実印が必要です。
委任者の署名欄があって、委任者本人が署名します。
そして受任者の住所、氏名も記入します。
詳しい書き方はホームページに載せられています。
委任者は車の所有者、受任者は本人に代わって申請に行く方ですから間違えないようにしましょう。

廃車には印鑑証明が必須です

廃車には印鑑証明が必須です もう使わなくなった車を廃車にしようと思ったときに必要になるものに、登録関係の書類があります。
自動車を廃車にするということは、自動車の車体をスクラップして適切にリサイクルすると言う事以外に、バンバープレートを返納して、登録を解除すると言う意味があります。
つまりその為の、所有者の登録を解除するための手続きが必要になります。
この時に軽自動車じゃない普通時自動車は実印の委任状が必要になります。
これは車の名義変更と同じです。
実印の委任状には必ず印鑑証明が必要になります。
この印鑑証明は、車検証の所有者と一致していなければならないだけでなく、発行から3ヶ月以内である必要もあります。
必ず用意しなければなりませんし、もし住所等が変わっている場合には、その事がはっきり判るように、住民票や戸籍抄本も必要になります。
また海外に転出している場合などは、現地の大使館で発行してもらうサイン証明が必要になります。
もし所有者が死去している場合には、相続が必要になります。