外車を廃車する時

外車を廃車する時

外車を廃車する時 外車を廃車にする時の手続きというのは、国産車を廃車にするの時と変わりません。自分で行う場合は、落ち着いて手順をよく確認し、その手順に沿って手続きを進めていくようにしましょう。廃車の方法には永久抹消登録と一時抹消登録がありますが、もう乗ることがないということであれば、永久抹消登録の手続きを行います。
永久抹消登録の手続きは運輸支局で行うことができますが、その前にクルマを解体業者に持ち込み、解体してもらう必要があります。その際には基本的に費用は発生しません。むしろ、お金がもらえることがほとんどです。解体業者は解体した金属部品を売ることになるのですが、その金属を買い取ってくれるわけです。
ただ、外車を廃車にする前に、買取査定を依頼することをおすすめします。売れるのに、永久抹消登録するのは勿体ないし、手間もかかります。外車に場合は年式が古くなっても買い取ってもらえる可能性が高いので、まずは査定を依頼しましょう。

外車は日本車と同じように廃車出来る?

外車は日本車と同じように廃車出来る? 外車を廃車にするときには、何か特別な手続きが必要なのではないかと心配している方があるかもしれませんが、実際には日本車とほとんど同じような手続きで廃車が可能です。というのも、外車であっても日本国内で車両登録されているクルマなので、廃車に関しても日本車と同じ手続きとなるわけです。
日本車も外車も登録を一旦抹消する場合、永久抹消登録と一時抹消登録の2通りの抹消登録を行わなければなりません。一時抹消登録というは、一時的に登録を抹消しクルマを使用しないが、後から再び登録する可能性がある場合に行います。車検が切れた中古車などに対して買い手がつくまで一時抹消登録を行うことが多いです。それに対して、永久抹消登録というのは、もう二度とそのクルマには乗らないという場合に行います。いわつる廃車です。どちらの手続きも通常は買取業者が行ってくれるので、特に心配することはありません。自分で行う場合も陸運支局で簡単に行うことができます。